MENU

区分所有法って何なの?

 

まず始めに、区分所有法の趣旨について理解してみましょう。

 

第一に、分譲マンションなどの集合住宅の所有者を区分所有者と言います。

 

分譲マンションは専有部分と共有部分から成立し、区分所有者が持つ専有部分の所有権を区分所有権と言います。

 

その区分所有者の共通の使用や管理の規定を法律としたものが区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)です。

 

不特定の人が多数集まり、共通の空間、施設を共有しながら、不都合なく円滑に生活できることを目的としています。

 

また、賃貸の場合は、借主に所有権が無い為、この区分所有法は適用されません。

 

 

【区分所有法における敷地利用権】

 

敷地を利用する権利が敷地利用権で

 

  • 所有権
  • 地上権
  • 賃借権

 

などがあります。

 

敷地とはマンションの建物の敷地で敷地利用権は区分所有者全員で共有し、規約に定めがある場合を除き、専有部分と分離して勝手に処分することは出来ません。

 

 

【区分所有法における専有部分と共有部分】

 

1棟の建物は専有部分と共有部分に2分されます。

 

専有部分は建物の中で、個別の所有権を有する者が住居や店舗、事務所などとして独占的に利用できる部分で、構造上区分された部分です。

 

 

共有部分は専有部分以外の部分を指します。

 

主なものとしてはエレベーター、階段、玄関(エントランスホール)、通路、屋上など。

 

 

尚、共有部分でありながら特定の区分所有者のみが使用できる部分を専用使用部分といいます。

 

駐車場・バルコニー・集合郵便受け・専用庭など。

 

 

 

共有部分の所有権は区分所有者全員の共有となり、共有部分の持ち分割合は、それぞれのマンションの規約にもよりますが、一般的には専有部分の床面積割合に比例します。

 

専有部分と共有部分を切り離して処分することは出来ません。