MENU

マンション管理組合の意味や、やる事って何なの?

まず始めに、マンション管理組合について理解しましょう。

 

この、マンション管理組合とは

 

・分譲マンション購入者
・区分所有者全員で構成された、

 

  • 建物の維持管理、
  • 区分所有者同士の権利義務

 

などを調整するための組合組織です。

 

 

区分所有者になると自動的に管理組合人になり、区分所有者は全員が組合人で、勝手に脱会は出来ません

 

逆に区分所有者でなくなった時には自動的に脱会となります。

 

 

【管理規約】

 

管理規約とは、建物や敷地などの管理、使用について区分所有者間の権利や義務の取り決めを定めたルールブックです。

 

 

【管理組合の最高意思決定機関】

 

管理組合の最高意思決定機関は『総会(集会)』で、総会の決議は区分所有者数と、議決権によって行われます。

 

議決権は規約による定めによるか、一般には専有部分の面積割合に応じて与えられます。

 

総会は年1回以上理事長(管理者)が開催せねばなりません。

 

 

通常総会(定期総会)と臨時総会があります。

 

通常総会の内容は、

 

  • 管理組合の決算、
  • 活動報告、
  • 予算審議や役員の選任

 

などです。

 

総会の成立は議決権数の1/2以上です。

 

 

【普通決議と特別決議】

 

普通決議は区分所有者と議決権の過半数で成立します。

 

普通決議は

 

  • 管理組合の決算、
  • 収支予算及び事業計画の報告、
  • 共有部分の管理に関する事、
  • 役員の選任及び解任

 

などを決める際になされます。

 

 

 

特別決議は区分所有者と議決権の3/4以上により成立します。

 

 

特別決議は

 

  • 共有部分、
  • 敷地・施設の変更、
  • 管理規約の変更

 

などに関することです。

 

 

建物の建て替えを決める決議は、最も重大な変更のため区分所有者と議決権の4/5以上による決議が必要になります。