MENU

賃貸物件での基本的な契約内容について

特に引越しに多くなるトラブル、義務やら原状回復とは何のかについて記載します。

 

【賃貸人の義務】

 

修繕義務:賃貸人は建物を使用が可能な状態で賃借人に提供する義務があります。

 

 

使用する事に支障のある不具合が生じた場合は、速やかに修繕しなければならない義務を負います。

 

 

 

費用償還義務:

 

  • 賃貸人は賃借人が建物(目的物)に費用を掛けた場合、その経費を支払う義務を負います。
  •  

     

  • 賃借人は抜けた床、雨漏りなど目的物の使用に必要な修理費を支出した場合、「必要費」として賃貸人に請求できます。
  •  

     

  • 賃借人が建物の価値を増加させる改修などを行った場合は、賃貸契約が終了した後に「有益費」として請求できます。

 

 

「必要経費」、「有益費」は賃貸人が費用償還義務として支払う義務があります。

 

 

【借家人の義務】

 

原状回復賃借人は退去の際、借家を元の状態にして賃貸人に返す原状回復の義務があります。

 

 

日常の生活の中で、自然に生じたような壁の汚れや、床の汚れなどは「自然的損耗」して原状回復には含まず、修善の必要はありません。

 

 

 

 

【造作買取請求権】

 

賃借人が賃貸人の同意を得て取り付けた造作(エアコンなど)は、退去時に賃貸人に買い取ってもらう造作買取請求権があります。

 

 

賃貸契約書には、必要費、有益費は賃借人の負担とする、造作買取請求権を放棄するなどの条項を盛り込んだものもあり注意が必要です。

 

 

但し条項に盛り込んだからと言って賃貸人の義務を全て免れるわけではないようです。